読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「習慣化」でうまくいく〜二つの「トトノエル」の実践

何事でもうまくいくための「習慣」を身につけるために、私が日々実践していることを中心にお伝えします。

成果が上がらない理由:「うまくいかない」のは「能力」のせいだろうか?

トトノエル:心をトトノエル

唐突ですが、あなたは物事がうまく進まない時、どのように感じますか?

 

今回はたまたまうまくいかなかっただけだ、、、

と思いますか。

〇〇のせいでうまくいかなかった、、、

など、うまくいかなかった理由を考えますか。

それとも、そんなこと全然気になりませんか。

 

別にどれがいい、ということではありません。

 

ただ、よくありがちなのは、

自分には「力」がない、自分には向いてない、、、

と感じてしまうことではないでしょうか?

 

つまり「能力」がないと思っています。こう考えているとすると、うまくやるための「能力」がないから、うまくやるためにはもっと「能力」を高めるしかない、、などと考えますね。

もしくは、うまくやる「やり方」がわかっていない。正しい「やり方」を学ばないといけない。こんな風に考えるかもしれません。

 

だから「力」をつける必要があるし、もっとうまくやるための「スキル」「テクニック」「ノウハウ」を身につけなければいけないと考えます。

 

もちろん、これは間違った考え方ではないですよね。

 

こんな風に考えているから、私の仕事(研修講師)も成り立っているわけです。

だから、それを否定するつもりもないですし、どんどんそう思っていただいた方が仕事は増えるかもしれません。

 

ただ、ちょっと考えてみてほしいんです。

 

本当に「力」がないんだろうか?

 

「力」はあるはずなのに、うまくいかないこともありませんか?

「できるはずのこと」が「できない」ということもありませんか?

 

スポーツの世界だと、よくこういうことが起きます。

練習の時はなんでもないことが、本番の試合ではできなくなってしまう。

スキルもテクニックもしっかりと身についているはずのプロ選手でもそういうことが起こります。

 

突然ストライクが入らなくなる野球のピッチャー、サッカーのPKやバスケットのフリースローなど簡単に決められるはずのシュートを決められない、、、

 

これはその瞬間に、急にその選手のテクニックがなくなってしまったのでしょうか?

 

そんなことはありません。

では、何が起きているのでしょうか?

 

これは持っている「力」を発揮できなくなっている、ということです。

 

「力がない」のではなく、「力を発揮できない」状態になっている、ということです。

「力がない」のではなく「力はある」のです。「出せていない」だけなのです。

 

スポーツに限らず、このようなことは私たちも経験しているはずです。

いつもなら簡単にできることが、うまくできなくなってしまう。

 

そんな経験は一つや二つあるのではないでしょうか。

 

一体、「うまくいく」時と「うまくいかない」時に何が違っているのか?

 

それは、「心の状態」です。

 

イライラしたまま行動したら、いつもはやらないミスをしてしまった

落ち込んだ気分のまま取り組んでいたら、いつもより時間がかかってしまた、、、

 

こんなことはよくあります。

 

つまり「心の状態」が乱れていると、「力」が発揮できなくなる、ということです。

 

ここまでお読みいただいて、、

言われてみれば当たり前のことだし、わざわざそんな言われなくてもわかってるよ、、、

なんて、感じているかもしれませんね。

 

でも、よく考えてみてほしいんです。

何かをする時にいつも「心の状態」が乱れていないか意識していますか?

 

本当にこのことがわかっているのなら、「心の乱れ」を正してから物事を始めているはずです。「心の状態」のことは気にせず、何となく物事に取り組んでいることが多くないでしょうか。

 

まあ、私がそうでした。

結局、力を発揮しきれていないのに、もっとうまくやれる方法があるのではなどと思って、自分に足りない何かを身につけなければと色々やってみましたが、結局、うまくいかない。

そんなことを何度も繰り返していました。

 

しかし、そんな自分でも様々な出会いを通じて「心」の重要性にやっと気づくことができました。

 

「乱れた心」のまま何かをするのでなく、まず「心をトトノエル(整える、調える)」ことをしてから取り掛かる。

たったこれだけのことで、色んなことが好転していきました。

 

これをお読みいただいているあなたも、自分の「心の状態」を意識してみてほしいと思っています。

 

今日は、この辺で。

では、また。