読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「習慣化」でうまくいく〜二つの「トトノエル」の実践

何事でもうまくいくための「習慣」を身につけるために、私が日々実践していることを中心にお伝えします。

私たちを支配しているもの

ちょっと物騒なタイトルでしたか(笑)

 

でも、私たちはおそらく全ての人が「あるもの」に支配されています。

この支配から逃れることは、ほとんど無理です。

どんなに抗ってもこれに打ち勝つことは不可能に近いです。

 

そんな「あるもの」の正体とは、、、

 

「無意識」

 

です。

 

「潜在意識」なんて呼んだ方がわかりやすいかもしれないですね。

 

いずれにしろ私たちはこの「無意識」「潜在意識」に支配されていると言えます。

 

「無意識」は一体私たちをどのようにして支配しているかというと、

私たちの「行動」を支配しているのです。

 

私たちの普段の活動の多くは「無意識」に行っているものです。

その割合はどれくらいあると思いますか?

 

私が調べた限りでは、私たちの活動の95%が「無意識」に行っているものだそうです。ものによっては97%なんて書いてあるものもありました。

 

え?!そんなに多いの??

 

ちょっと実感わかないかもしれませんね。

でも、寝ている時は「無意識」ですよね。

起きている時でも自分たちが「無意識」にしていることって多いんです。

 

例えば、今この記事を読んでいる時、

 

どんな姿勢ですか?

どんな表情をしていますか?

どんなことを感じていますか?

どんなことが思い浮かんでますか?

 

これらのことって、ほとんど無意識に行っているはずです。

 

そう考えると95%や97%もあながち大げさな数字ではないように私には思えます。

 

さて「無意識に行っていること」をなんと呼ぶのでしょうか?

 

そう「習慣」ですね。「癖」や「習性」なんてのもありますね。

 

新しい習慣を身につける、良い習慣を取り入れるということは、この「無意識」をどうにかしないといけないわけです。

ところが、これが難しいんです。

 

何しろ「”無”意識」ですから、普通は意識できないわけです。

無意識に何かが発動することを、事前に察知して止めたり、変更したりしようといくら意識してもできないのです。このままだとお手上げです。

 

でも、手順を踏めば大丈夫!

 

まず一番大事なことは、

 

自分が「無意識」にしていることを知ること

 

です。

 

「無意識」自体は捉えられませんが、「無意識」に行っていることは捉えられます。

自分がどんな行動をしていて、それが明確に自分が意識して選択した行動なのか、それとも無意識(なんとなく、特に何も考えず)にしている行動なのかは振り返れば、誰でもわかります。

 

つまり、「行動の記録」をとることで、自分が無意識に行っていることが明確になってきます。

 

「彼を知り己を知れば百戦殆うからず 」なんて故事もあります。

まずは、無意識の存在を知り、自分の無意識の行動を把握してください。

 

新しいことがなかなか身につかないという悩みがあるなら、まずは自分の行動を記録してみたらどうでしょうか。

私も、このブログを始めるちょっと前から自分の1日の行動を記録することを始めています。これやってみると、色々と気づくことがあります。それについては、また別の機会に書きます。

 

「行動を記録する」試してみると色々と気づくことがあると思います。
ぜひ、やってみてください。

 

では、また。