「習慣化」でうまくいく〜二つの「トトノエル」の実践

何事でもうまくいくための「習慣」を身につけるために、私が日々実践していることを中心にお伝えします。

人を動かす技術

今日のタイトルは、実は本の題名です。紹介するのは

 

「ひとを動かす技術」(ボブ・バーグ、ジョン・デイビッド・マン)

 

副題は

「ひとりの部下も500人の反対者も自分から動いてくれる」

となっています。

 

ある企業グループのM&A部門のマネージャーが

買収を提案している企業の500名の反対者(全社員)から

YESを引き出さなければいけない状況に追い込まれます。

 

そんなマネージャーが主人公の物語になっています。

 

この主人公がふとしたことで謎の年老いた女性と出会います。

彼女の示唆に富む言葉や買収先企業の幹部達との話し合いを通して、

このマネージャーが気づき実践していったことが語られています。

 

題名に「技術」とありますので、

 

「こうすれば、こうなる」

 

といったような簡単にひとを動かすための「やり方」が書かれている

 

と思って読むと、肩透かしにあいます。

 

 

原題は

 

IT'S NOT ABOUT YOU

 

副題は

 

A Little Story about

What Matters Most in Business

 

となっています。

 

君たちのことじゃないんだよ。

商売で一番大事なことについてのちょっとしたお話。

 

こんな感じでしょうか。

 

自分が関わる人々に対して「影響力」を発揮する上で大事なことが何か?

 

ということがテーマになっています。

 

そういう点ではでは「リーダーシップ」について書かれている本と言えます。

 

リーダーシップというと、例えば、

 

「率先垂範」

「先頭に立ってぐいぐい引っ張っていく」

「有無を言わせないパワーで皆を率いていく」

 

こんなイメージがあるかもしれません。

 

しかし、この本に書かれていることはそれとは少し違います。

 

以下に、この本に書かれていた文章をいくつか紹介します。

 

ここより引用↓

 

「押す力」はたかが知れている。

影響力は「引く力」でできている。

 

他人や売り上げはコントロールできない。

自由に管理できるのは「自分のあり方」だけ。

 

人は「能力」にはついてこない。

「経験」と「人格」についてくる。

 

リーダーシップとは単なる「管理」ではない。

「誠意」に接して初めて人は耳を傾ける。

 

人を動かすとは、言いくるめることではない。

相手に「自分の問題」を真剣に考えさせること。

 

人を支えることがリーダーの役割。

自分を第一に考えた瞬間、リーダーシップはなくなる。

 

↑ここまで。

 

いかがでしょうか?

 

この本を読んで、色々と私は考えさせられました。

 

例えば、

 

人を支えることがリーダーの役割。

自分を第一に考えた瞬間、リーダーシップはなくなる。

 

なんて言葉。

 

リーダーが注目されるのは、実は「危機的状況」の時だったりします。

 

「危機的状況」の時には、

皆を最善に導くために「強いリーダーシップ」を発揮する

「強いリーダー」が求められ、そのようなリーダーが結果を出します。

 

ところが、危機的状況を脱した後も同じようなリーダーが居続けることが

必ずしも組織にとってプラスにならないことがよく起きます。

 

強いリーダーとしての成功体験があるが故に、はまってしまう落とし穴

 

そんなものがあるように私には思えます。

 

それに陥らないためにも

 

「人を支えることがリーダーの役割である」ということを

 

常に忘れずにいられるか、が大事なことだと感じています。

 

ある意味、リーダーにとって書くことのできないのが

 

「謙虚さ」「謙虚であること」

 

ではないでしょうか。

 

こんなことを考えたりしました。

 

その他にも様々な言葉が私には響いてきました。

どのような文脈でどのような言葉が出てきたのか、

是非ご自身でお読みになって確かめて欲しいです。

 

会社経営や管理職、人に指導する立場にある人だけでなく

人と関わることのあるすべての方、

つまり、どんな方でも、一度はお読みいただきたい本です。

 

「ひとを動かす技術」(ボブ・バーグ、ジョン・デイビッド・マン) 

 

今日もここまでお読みいただきありがとうございます。

  

では、また。

毎朝の思考習慣:今日のご機嫌宣言!「体を使おう」

【今日のご機嫌宣言!】(2018.11.20

  

自分の機嫌は自分でとる!!

今日は「身体を使おう」。

 

「身体を使おう」と考える。

  

何かを始める時に、

なんとなく気分が乗ってこない。

 

そんな時、まずは大きく伸びをする。

 

ふーと息を大きく吐いて、ゆっくり吸い込む。

 

顔をしっかりあげて前を見る。

 

背筋を伸ばし、いい姿勢をとる。

 

スッキリした気分になってくる。

 

身体の状態が整ったら、心も自然と整ってくる。

 

頭だけを使おうとしてないか。

 

もっと身体も意識しよう。

 

身体もしっかり整えよう。

 

今日もごきげんな一日を!!

 

 

「迷惑をかけない」ではなく、、、

「他人様に迷惑をかけてはいけません」

 

小さい頃、こんな風に言われたことありませんか。

 

私は母からそんな風に言われて育ってきた気がします。

 

「迷惑をかけない」

 

とても大事な意識だと思います。

 

その一方、自分が他人に迷惑をかけないことを強く意識していると

迷惑をかけるような行為(人)に対して腹立たしく感じたりもします。

 

気が利かない、

失礼な人だ、

 

なんて思って、相手を責める気持ちになっています。

 

口には出さなくても、

心の中ではそう感じ、

嫌な気分になっています。 

 

自分が迷惑をかけないようにと思っていたので、

なんでも自分でやって

他人の世話にならないことが

いいことだと思っていました。

 

しかし、色々な経験をしてきて、

少し自分の中の考え方が変わりました。

  

例えば、

 

交通事故にあって入院したこと

会社を休職してしまったこと、、、

 

どちらも自分が周りに迷惑をかけ、

他人の世話になるしかない状況になりました。

 

その当時にはっきりと考え方が変わったわけではないですが、

振り返ってみると

こうした経験が今の自分に大きな影響を与えています。

 

何を感じているかというと、、、

 

人は生きている限り、必ず他人の世話になっている

 

ということです。

 

自分がいるだけで、

大なり小なり誰かに迷惑をかけています。

 

自分にはそんなつもりがなかったとしても、

自分の存在が他人の邪魔になっていることは必ずあります。

 

ということは、

 

迷惑をかけないようにしようと思っても

完璧にできることはありません。

 

どうせ、誰かに迷惑をかけてしまいます。

 

ならば「迷惑をかけない」ではなく、

 

「誰かのお役に立とう」

 

と考えてみたらどうだろうか。

 

「迷惑をかけない」と考えるより「お役に立とう」。

 

この方が気持ちは前向きになります。

 

自分ができることに意識も向きやすいと感じています。

 

今日もここまでお読みいただきありがとうございます。

  

では、また。

毎朝の思考習慣:今日のご機嫌宣言!「夢」

【今日のご機嫌宣言!】(2018.11.19

  

自分の機嫌は自分でとる!!

今日は「夢」。

 

「夢」と考える。

 

「夢」という言葉を思い浮かべる。

 

今あるものは全て、昔誰かの夢だったもの。

 

誰かが夢見たことが現実になっている。

 

本気で夢を叶えよう、と思った誰かが現実を変えてきた。

 

「夢」があるから現実が変わっていく。

 

自分の「夢」が自分や周りを変えていく。

 

本気で「夢」を描いてみよう。

 

本気で「夢」を叶えよう。

 

そんなことを考えるだけでも、心に変化が訪れる。

 

思考のエネルギーを感じよう。

 

今日もごきげんな一日を!!

安定は不安定と共にある!?

我が家にはバランスボールがあります。

 

椅子の代わりにバランスボールを使っていた時期もあります。

 

私はできないのですが、

子供達はバランスボールの上に上手に乗っかります。

 

不安定なバランスボールの上に安定して乗っているためには、

実は、じっとしていてはいけません。

 

バランスを取るために細かく動いています。 

 

動いているからこそ、安定していられます。

 

人によって違いはあるでしょうが、

多くの場合、人は安定を求めています。

 

「安定」することで、心の平穏を感じたりします。

 

それは悪いことではないですね。

 

しかし「安定」を求めているが故に、

「変化」することにためらいを感じることもあります。

 

今のままでいい。

なんの不満もないんだから、このままでいい。

 

もちろんそれで問題はないかもしれません。

 

ただし、気をつけなければいけないことがあります。

 

それは、

 

「安定」とは「固定」とは違う

 

ということです。

 

「安定」というのは何の変化もせずにずっとそのままでいること、

つまり、「固定」と同じようなものと思ってしまいがちです。

 

じっとしていると実はバランスは取れません。

 

動くからこそ安定できます。

 

別の言い方をすれば、

 

安定は常に不安定と共にある

 

とも言えそうです。

 

安定を求めているからこそ、変化することを厭わない。

 

これも大事なことではないでしょうか。

 

今日もここまでお読みいただきありがとうございます。

  

では、また。

毎朝の思考習慣:今日のご機嫌宣言!「わけあおう」

【今日のご機嫌宣言!】(2018.11.18

 

自分の機嫌は自分でとる!!

今日は「わけあおう」。

 

「わけあおう」と考える。

 

「奪う」より「わけあう」方が気持ちいい。

 

「独り占め」もいいけれど、

「わけあう」ことも気持ちいい。

 

「わけあう」は一人ではできない。

 

自分一人じゃわけあえない。

繋がる誰かがそこにいる。

 

わけあえるものはいつでもある。

 

何も持っていなくても、

「気持ち」はわけあえる。

 

どんな気持ちをわけあいたい?

 

楽しい気持ち

嬉しい気持ち

ワクワクするような気持ち、、

 

今日も「ごきげん」をわけあおう。

 

そのためにも、

まずは自分がごきげんになっておこう!

 

今日もごきげんな一日を!!

「失敗」ってなんだろう?

「失敗した!!」

「あの選択は失敗だった」

 

簡単に「失敗」という言葉を使います。

 

「失敗」って嫌ですよね。

 

自分が「失敗した」なんて感じると「心」が乱れます。

 

大抵の場合、「失敗」は避けたいことです。

 

「失敗」はダメなこと

「失敗」してはいけない

 

そんな風に思えます。

 

ところで「失敗」とはどんな状態のことなのでしょう?

 

「失敗」という言葉を具体的に定義するとどうなりますか?

 

自分の思う通りにならないこと?

他人から言われたことができないこと?

 

もし、こんな定義だったら人生は数多い「失敗」にあふれているかもしれません。

 

「失敗」という字は「敗けて、失う」と書いています。

 

一体、何を失うのだろう?

 

例えば「失敗」とは「命を失うこと」だとすると、

 

今まで「失敗」だと思っていたことは「失敗」ではなくなります。

 

ただ、自分の望んだ通りになっていないだけで「失敗」ではありません。

 

自分が勝手に「失敗」だと思い込んでいるだけのことです。

 

よくよく振り返ってみると、

 

いわゆる「失敗」から学んだ

 

ということが多くないでしょうか。

 

だとしたら、

 

「失敗」は避けなければいけない

 

ことではないかもしれません。

 

「失敗」とはただの「経験」でしかありません。

 

自分の思う通りにならなかった「経験」のことを

ただ「失敗」と呼んでいるだけのことです。

 

大事なことは「経験」から学び成長すること。

「失敗」も自分の成長のための単なる「経験」でしかない。

 

命さえ失わなければ、その経験はこれからの自分に活かしていけるはずです。

 

「失敗」という言葉で安易に終わらせるのではなく、

 

この「失敗(経験)」からの学びは何か?

 

そうして振り返ることを忘れずにいようと思います。

 

今日もここまでお読みいただきありがとうございます。

  

では、また。