「習慣化」でうまくいく〜二つの「トトノエル」の実践

何事でもうまくいくための「習慣」を身につけるために、私が日々実践していることを中心にお伝えします。

必勝パターンを求めるのではなく、必負パターンから抜け出す

【必勝パターンを求めるのではなく、必負パターンから抜け出す】

 

日曜日は過去の記事を手直ししたものを載せています。

さて、今日は5年以上前に書いたものです。

 

必勝ではなく、必負(必敗)パターン。

 

武術の講習会に参加した時に聴いた話です。

 

数千年の歴史を持つ武術の世界でも、

「必勝パターン」はいまだかって存在していない。

 

しかし、必負パターンは確立している。

 

それは、

・動けない

・動かない

・動きたくない

ということ、だそうです。

 

必勝パターンは存在しないので、

それを追い求めるのではなく

 

この必負パターンから脱することが重要、だという話を聴きました。

 

では、どううするか?

 

身体が思う様に動かない状況が必負パターンの様に思えます。

だから、身体を効果的に動かす何かがあるのかと思っていましたが、

言われたことは

 

「動かす」ではない

 

ということです。

 

「???」

 

何を言っているんだろう?

ちょっと話が見えなくなりそうでした。

 

それはこういうことでした。

 

・動けない

・動かない

・動きたくない

 

という状態に身体がなっているので、

まずは、

 

・動ける

・動きやすい

・動きたい

 

身体の状態を

 

「見つけてあげる」

 

のだそうです。

 

すると、

 

「自然に動く」

 

この辺のことは、わかりにくいと思いますが、

実際にその後指導してもらいながら身体を動かした時に

大きな違いがありました。

 

相手に腕を抑えられているのに、

頑張って力をいれなくても、

自然に動ける

 

のです。

 

身についていないので、なかなか再現できませんが確かに違います。

 

「無理にでも身体を動かす」

 

ではなく、

 

「動きたい身体の状態を見つけてあげる」

 

と「自然と動く」のです。

 

これって組織の経営でも同じようなことが言える気がします。

 

・動けない

・動けない

・動きたくない

 

メンバーを、何らかの方法を用いて

 

「動かす」

 

のではなく、

 

・動ける

・動きやすい

・動きたい

 

状態を「見つけてあげる」(もしくは、そういう状態を「創り出す」)ことによって、

 

「自然と組織は機能していく」

 

それは、

 

メンバーを人として認め、信じ、任せ、

組織内の関係性を良好に保つ事

 

だと私は感じています。

 

今日もここまでお読みいただきありがとうございます。

  

では、また。

 

 

毎朝の思考習慣:今日のご機嫌宣言!「さらけ出す」

【今日のご機嫌宣言!】(2019.7.21

   

自分の機嫌は自分でとる!!

今日は「さらけ出す」。

 

「さらけ出す」と考える。

 

格好つけない。

隠さない。

素のままの自分。

 

周囲にどう思われるかが気になっている。

 

恥ずかしい、不安、怖い、、、

 

そんな気持ちを感じる。

 

その感じている気持ちもそのままさらけ出す、と考える。

 

今この瞬間は今以上にはなれない。

 

ありのままでいい。

 

今の自分は、

今の自分以上でも以下でもない。

 

そのままでいこう。

 

今の自分を受け入れよう。

 

格好つけずにいってみよう。

 

今日もごきげんな1日を!!

 

何を大事にするのか?

【何を大事にするのか?】

 

何を大事にするか?

 

家族、友人、お金、地位、名誉、誇り、伝統、、、

 

人それぞれです。

何が正しいということではないと思ってます。

 

何に価値を感じるのかというのは、

人によって違いますし、

それでいいと思います。

 

さて、上にあげたものは全て

 

「手に入れたいもの」
もしくは

手に入れた後に「失いたくないもの」

 

です。

 

では、これらを手に入れたり、失わない様に守るために

大事なことは何なのでしょうか?

 

手に入れたいものや守りたいものが何であれ、

そのために共通して大事なものがあると思っています。

 

それは、、、

 

「身体」と「心」

 

です。

 

何を手に入れたとしても、「身体」や「心」が健康でなければ

本当の満足感は得られないでしょうし、楽しみも味わえません。

 

「身体」や「心」の状態が良くなければ、

活動の質が落ちますので

結果として、

手に入れられなかったり、守れなくなります。

 

どんなことであれ、本当に望むものを得るためには

 

「身体」と「心」の状態を整えて(調えて)おく

 

ことが大事です。

 

そんなこといちいち言われなくてもわかっているよ!

 

そんな風に思われるかもしれません。

 

もちろん、今更偉そうに言うことではなく、

極めて当たり前のことです。

 

しかし、本当にわかっているのでしょうか?

「大事だと単に知っている」というレベルで

「本当に大事だと心底思っている」

とは言えなかったりしませんか。

 

私がそうでした。

「大事だ」と知ってはいるけど

「それが何よりも大事だ」

とは思っていませんでした。

 

だから「身体」や「心」を整えることを疎かにして、

いろんな活動をしてしまっていました。

 

そうしているうちは、

結局「そこそこの結果」しかでません。

 

「最高にやりきった!!」

 

という感じは得られませんでした。

 

いろんな方との出会いや経験を通し、

その大事さに遅まきながらやっと気づきました。

 

だから、何をするにしても

 

「身体」と「心」の状態を整える

 

ということにまずは優先して取り組みます。

 

その方が間違いなく活動の質が上がり、

 

自分の望む結果に近づける

 

ということを実感しています。

 

これは、私だけに当てはまることでなく、

どんな人にでも同じように当てはまることのはずです。

 

一人一人が自分の能力を思いっきり発揮して

納得のいく活動ができる。

 

その結果として満足のいく成果を得られる。

 

そんなことを応援、支援していくことが

自分のやりたいことなんだな、と改めて感じています。

  

今日もここまでお読みいただきありがとうございます。

  

では、また。

 

毎朝の思考習慣:今日のご機嫌宣言!「楽しもう!」

【今日のご機嫌宣言!】(2019.7.20

 

自分の機嫌は自分でとる!!

今日は「楽しもう!」。

 

「楽しもう!」と考える。

 

今日は楽しむと決めてしまう。

 

何をするかに関わらず、

とにかく楽しむと決めてしまう。

 

やった結果で「楽しい」ではなく、

やる前に「楽しむ」と決めてしまう。

 

いつもなら「やること」は決めていても、

その時の「気分」までは決めていない。

 

今日は最初から「気分」も決めておく。

 

自分の決めた通りに楽しい気分で1日過ごそう。

 

自分で自分の過ごし方は決めていく。

 

とにかく今日は楽しむ。

 

自分で決めて自分で楽しむ。

 

今日もごきげんな一日を!!

 

「期待」で自分の心を乱してしまう

【「期待」で自分の心を乱してしまう】

 

私たちは色んなことの影響で心を乱してしまいます。

 

他人の言動や身の回りに起きた出来事、、、

 

こうしたもので自分の心が乱れます。

 

心が乱れると、自分の活動の質が落ちます。

 

同じことをやっても、うまくいかなかったりします。

 

心が乱れている状態とは、色々ありますが

 

イライラする

焦っている

落ち込んでいる 等々

 

のどちらかというとネガティブな感情になっています。

 

他人の言動や出来事をきっかけにしてこんな感情を感じます。

 

すると、私たちはそんな他人や出来事の所為で

 

自分の心が乱されている

 

と思います。

 

確かに、他人や出来事はきっかけではありますが

本当は自分で自分の心を乱しているのです。

 

自分でも気がつかずに、自分で心を乱しやすくしていることがよくあります。

 

それの代表的なものが「期待」です。

 

「期待」とは

 

自分の勝手な思い込み

 

であり、「期待している」というのは

 

自分の「思いの押し付け」

 

にしか過ぎません。

 

ちょっときつい言い方に感じるかもしれませんね。

 

でも、実際にそうなんです。

 

自分が相手や周囲に「期待」しているだけなんです。

主語は「自分」なんです。

 

あくまでも主は「自分」。

「相手」のことを考えているような言動をしていたとしても

実は一番気になっているのは「自分」。

「周囲」のことに気を配っている様に見えても

自分の「思う通り」になっているかどうかが一番気になっている。

 

「自分」が思うように(考えているように)なってほしい、

という「願望」と言ってもいいでしょう。

「自分」の「望み」なんです。

「相手」の「望み」ではありません。

「周囲」の「望んでいること」ではないのです。

 

「私の願いを叶えるために、お前たちは頑張らないといけない」

「私の思う様に、周囲の環境もなっていなければいけない」

 

相手や周囲に対する「期待」は、これと同じことです。

 

「期待」通りの間は、心は乱されません。

 

しかし、自分の思う通りに全てがなるわけではありません。

「期待通り」にならないと、、、「期待はずれ」です。

そして、がっかりします。

 

この「がっかり」が埋め合わせられないと、

多くの場合「イライラ」や本格的な「怒り」へと変わっていきます。

人によっては、自分自身に対する「落ち込み」になる場合もあります。

 

これらが結局、自分の「期待」から始まっています。

 

では、そもそも「期待」をしなければいいのか?

「期待」をしてはいけないのか?

 

そこまでする必要はないですし、多分、無理です。

私たちは無意識のうちに「期待」します。

 

「期待」とは「予測」「予想」と似ています。

 

私たちはいちいち意識しないでも、自然と今までの経験から

勝手に色んなことを予測・予想します。

 

「多分こうなるだろう」

「こうなるはずだ」

 

その「予測」や「予想」に対する思いが強ければ、

あっという間にそれは「期待」にすり替わります。

 

「期待しない」「期待することをやめる」のは無理です。

相当の訓練を積めば出来るかもしれませんが、かなり難しいです。

 

「期待」はしてもいいですし、してしまいます。

私も、色んなことを「期待」しています。

「期待」するのを止められません。

 

大事なことは、

 

「期待」は「自分の思い」でしかない

 

ということを知っていることです。

 

知っているだけでなく、そのことを常に意識しておくことです。

心が乱れた瞬間に思い出せる様にすることです。

 

「期待は相手や周囲に関係なく自分が勝手にしているだけ」

 

このこと思い出すだけでも、心の乱れは整います。

 

今日もここまでお読みいただきありがとうございます。

  

では、また。

 

 

毎朝の思考習慣:今日のご機嫌宣言!「準備することがある」

【今日のご機嫌宣言!】(2019.7.19

 

自分の機嫌は自分でとる!!

今日は「準備することがある」。

 

「準備することがある」と考える。

 

いつでも準備することがある。

 

結果が出ずに後悔することは

 

もっとちゃんとやっておけばよかった、、、

 

そう、準備が不足していたこと。

 

何をしたらいいかは自分が知っている。

 

ごまかさず、手を抜かず、準備を徹底しよう。

 

準備することに集中しよう。

 

結果への不安で心を乱さずに、

今ここにある自分を整えよう。

 

今のベストを尽くそう。

 

迷いや不安から離れて、今ここを楽しもう。

 

今日もごきげんな一日を!!

ご褒美あげてますか?

【ご褒美あげてますか?】

 

今日は事業で成功している方のお話を聴く機会がありました。

 

聴いていて、一番に感じたことは

 

「やる以外の選択肢をなくしている」

 

ということです。

 

何かをやろうと決めたら

 

「やらない」

 

という選択肢が最初から消えています。

 

後に残されたのは

 

「どうやったら出来るか」

 

ということだけです。

 

色々と情報を集めて「検討する」のではなく

 

「やる」という選択肢、というより

 

「やる」という前提でしか考えていないということです。

 

「検討する」という態度は

 

場合によっては「やらない」

 

という逃げ道を無意識にでも用意しています。

 

まさに「退路を断つ」という感覚で動いているな、と感じました。

 

もう一つ、心に刺さった言葉があります。

 

それは、

 

「ご褒美をあげてますか?」

 

でした。

 

自分が決めたことをやりきった時に、きちんとご褒美あげていますか?

 

と言われたのです。

 

私は、ハッとしました。

 

最近のことを振り返り、

 

全くご褒美を自分にあげていない

 

ことに気づきました。

 

最近どころか、もうずっと自分に「ご褒美」という感覚で何かをしたことがなかったです。

 

好きでもないことを嫌々やっているわけではないので

そんな「ご褒美」をあげるなんてことは考えもしていませんでした。

 

しかし、冷静に自分を振り返ってみると

今日お話を聴かせたもらった方達と比べて

最後までやりきる力は明らかに私は劣っています。

 

スピード感や迫力が全然違います。

行動のメリハリも全然違います。

 

ここのところ書いている

 

刺激行動報酬

 

のループを、自分の望みを叶える行動につなげるために

上手に「報酬=ご褒美」を使っているのかもしれません。

 

自分に対する「ご褒美」をあげること

 

とても重要なことかもしれません。

 

しばらく、このことを実験してみるつもりです。

 

今日もここまでお読みいただきありがとうございます。

  

では、また。